地域密着型通所介護サービス

提供するサービスの内容について

サービス区分と種類サービスの内容
通所介護計画の作成
  1. 利用者に係る居宅介護支援事業者が作成した居宅サービス計画(ケアプラン)に基づき、利用者の意向や心身の状況等のアセスメントを行い、援助の目標に応じて具体的なサービス内容を定めた通所介護計画を作成します。
  2. 通所介護計画の作成に当たっては、その内容について利用者又はその家族に対して説明し、利用者の同意を得ます。
  3. 通所介護計画の内容について、利用者の同意を得たときは、通所介護計画書を利用者に交付します。
  4. それぞれの利用者について、通所介護計画に従ったサービスの実施状況及び目標の達成状況の記録を行います。
利用者居宅への送迎 事業者が保有する自動車により、利用者の居宅と事業所までの間の送迎を行います。
ただし、道路が狭いなどの事情により、自動車による送迎が困難な場合は、車いす又は歩行介助により送迎を行うことがあります。
日常生活上の世話食事の提供及び介助食事の提供及び介助が必要な利用者に対して、介助を行います。
また嚥下困難者のためのきざみ食、流動食等の提供を行います。
入浴の提供及び介助入浴の提供及び介助が必要な利用者に対して、入浴(全身浴・部分浴)の介助や清拭(身体を拭く)、洗髪などを行います。
排せつ介助介助が必要な利用者に対して、排泄の介助、おむつ交換を行います。
更衣介助介助が必要な利用者に対して、上着、下着の更衣の介助を行います。
移動・移乗介助介助が必要な利用者に対して、室内の移動、車いすへ移乗の介助を行います。
服薬介助介助が必要な利用者に対して、配剤された薬の確認、服薬のお手伝い、服薬の確認を行います。
機能訓練日常生活動作を通じた訓練利用者の能力に応じて、食事、入浴、排せつ、更衣などの日常生活動作を通じた訓練を行います。
レクリエーションを通じた訓練利用者の能力に応じて、集団的に行うレクリエーションや歌唱、体操などを通じた訓練を行います。
器具等を使用した訓練利用者の能力に応じて、機能訓練指導員が専門的知識に基づき、器械・器具等を使用した訓練を行います。
その他創作活動など利用者の選択に基づき、趣味・趣向に応じた創作活動等の場を提供します。
特別なサービス(利用者に対するアセスメントの結果、必要と認められる場合に提供します。)個別機能訓練(I)(II)個々の利用者の状態に適切に対応する観点から、個別の機能訓練実施計画を策定し、これに基づきサービス提供をおこないます。
栄養改善(注1)低栄養状態又はそのおそれのある利用者に対し、管理栄養士が看護職員、介護職員等と共同して栄養ケア計画を作成し、これに基づく適切なサービスの実施、定期的な評価等を行います。(原則として利用開始から3か月以内まで)
口腔機能向上(注2)口腔機能の低下している又はそのおそれのある利用者に対し、歯科衛生士等が口腔機能改善のための計画を作成し、これに基づく適切なサービスの実施、定期的な評価等を行います。(原則として利用開始から3か月以内まで)
若年性認知症利用者受入若年性認知症(40歳から64歳まで)の利用者を対象に、その利用者の特性やニーズに応じたサービス提供を行います。
認知症認知症の利用者を対象に、その利用者の特性やニーズに応じたサービス提供を行います。
中重度ケア体制中重度の要介護者を受け入れる体制を整え、在宅生活の継続に資するケアを計画的に行います。


(注1) 利用者の状態の評価の結果、継続的にサービス提供を行うことにより、栄養改善の効果が期待できると認められる場合は、引き続きサービスを受けることができます。

(注2) 利用者の状態の評価の結果、継続的にサービス提供を行うことにより、口腔機能の向上の効果が期待できると認められる場合は、引き続きサービスを受けることができます。

通所介護従業者はサービスの提供に当たって、次の行為は行いません。
  1. 医療行為(ただし、看護職員、機能訓練指導員が行う診療の補助行為を除く。)
  2. 利用者又は家族の金銭、預貯金通帳、証書、書類などの預かり
  3. 利用者又は家族からの金銭、物品の授受
  4. 身体拘束その他利用者の行動を制限する行為(利用者又は第三者等の生命や身体を保護するため緊急やむを得ない場合を除く)
  5. その他利用者又は家族に対して行う宗教活動、政治活動、営利活動、その他迷惑行為

Copyright(c) 2013-2019 株式会社K&Y All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com