訪問看護(介護予防訪問看護)サービス

訪問看護とは

医師の指示に基づき、看護師等が利用者の居宅を訪問し、健康チェック、療養上の世話または必要な診療の補助を行うサービスです。

 

介護予防訪問看護とは

医師の指示に基づき、看護師等が利用者の居宅を訪問し、健康チェック、療養上の世話または必要な診療の補助を行うサービスです。
要介護状態になることをできる限り防ぐ(発生を予防する)、あるいは状態がそれ以上悪化しないようにすることを目的としています。高齢者の有する能力に応じ、自立した生活を営むことができるよう支援します。

事業の目的・運営方針

目的

要介護状態と認定された利用者様に対して、看護のサービスを提供し、居宅において利用者様が有する能力に応じた、可能な限り自立した生活を確保することができるように支援することを目的とします。

 

運営方針

24時間体制で利用者様の心身の状態に適切なサービスの提供に努めます。ご利用者様、ご家族様に寄り添いながら地域の皆さまから「信頼」していただけるケアの提供を目指します。

サービス内容

(1)訪問看護・介護予防訪問看護計画書の作成
(2)他事務所との連絡調整(サービス担当者会議等の参加)
(3)看護行為(利用者に対して)
・バイタルチェック(血圧・体温・脈拍・簡易酸素飽和度測定など)
・身体の保清(清払・洗髪・入浴・口腔ケア・足浴手浴など)
・療養指導(生活上の注意事項・食事、排泄に関する対策や指導など)
(4)医療処置行為
・創傷および褥瘡処置
・人工肛門・人工膀胱管理ケア
・尿道留置カテーテル・自己導尿管理ケア
・在宅酸素療法管理ケア
・自己排痰の指導
・指示のあった注射等の投薬
・排泄管理ケア(浣腸・摘便)
(5)本人・介護者に対して
・介護技術の指導・介護や福祉などの社会資源の紹介
・褥瘡予防・リハビリの方法・食事の指導
・室内環境整備の工夫・安全対策の工夫・感染症に対する対応方法など
・介護者の相談・助言

サービスの利用方法

(1)サービスの利用開始
まずは、お電話等でお申し込みください。
当事業所サービス担当がご相談をお受けしております。
介護予防訪問看護・訪問看護計画作成と同時に契約を結び、サービスの提供を開始します。
※居宅サービス計画の作成を依頼している場合は、事前に地域包括支援事務所担当者または介護支援専門員とご相談ください。

 

(2)サービスの終了

1. ご利用者様のご都合でサービスを終了する場合
サービスの終了を希望する日の1週間前までに文書でお出しください。

2. 当社の都合でサービスを終了する場合
人員不足等やむを得ない事情により当事業所からサービスの提供を終了させていただく場合がございます。その場合は、終了1か月前までに文書で通知いたします。この場合は、当該地域の他訪問看護ステーションへのご紹介をいたします。ご利用者様とご家族にご迷惑の無いよう、状況やサービス内容、経過等の申し送りをいたします。

3. 自動終了
以下の場合は、双方の通知がなくても、自動的にサービスを終了いたします。
・ご利用者様がサービス提供地域以外に引越をされた場合
・ご利用者様が介護施設に入居した場合
・介護保険給付でサービスを受けていたご利用者様の要支援・要介護認定区分が、非該当(自立)と認定された場合
・ご利用者様がお亡くなりになった場合

4. 契約解除
・当事業所が正当な理由なくサービスを提供しない場合、守秘義務に反した場合、ご利用者様又はご家族などに対して社会通念を逸脱する行為を行った場合、または当社が破産した場合、ご利用者様は文書で解約を通知することによって即座にサービスを終了することができます。
・ご利用者様が、サービス利用料金の支払いを2ケ月以上遅延し、料金を支払うよう催告したにもかかわらず14日以内に支払わない場合。
・ご利用者様が正当な理由なくサービスの中止をしばしば繰り返した場合、ご利用者様が入院もしくは病気等により3ヶ月以上にわたってサービスが利用できない状態であることが明らかになった場合。
・ご利用者様やご家族様などが当事業所や当事業所のサービス従業員に対して本契約を継続し難いほどの背信行為を行った場合は、文書で通知後1ヶ月間の期間をおいて契約を終了させていただく場合がございます。

 

(3)サービス提供担当訪問看護師について
・サービス提供時にプランに適した専門職を決定いたします。ただし、実際のサービス提供にあたっては、多角的な観点からより良いサービスを提供するために、数人の職員が交替してサービスを提供します。

 

Copyright(c) 2013-2019 株式会社K&Y All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com